仕上がり品の品質基準

 

洗い上がったふとんのダニアレルゲン量測定

全国ふとんクリーニング協会会員の工場では、洗い上がったふとんの中から、定期的に抜き取り検査を行い、縫い取り部分周辺のダニアレルゲン量を測 定しています。
測定結果は所定の品質管理表に記録。基準値を達成していない場合は再洗いするよう指導を行っています。

 基準値 判定値2以下(WHO世界保健機構の基準に準拠)
 使用器具 ダニスキャン(ダニアレルゲン測定器具)
 測地頻度 週1回以上

 

 

最終すすぎ水の透視度の測定

 透視度計という水の清浄度を測定する器具を使い、すすぎの最終段階のすすぎ水を採取し、その透視度を測定します。

 基準値 透視度300ミリメートル以上
 透視度 300ミリメートル
 測定頻度 週1回以上

 

 

入荷時・仕上がり時の検品に関する指針

全国ふとんクリーニング協会会員は、クリーニングを請け負うすべてのふとんについて、入荷時及び仕上がり時に、少なくとも次に揚げる項目の点検を行うことを指針としています。

入荷時

○ 破れやほつれ、そのおそれはないか。
○ 色のにじみ・付着や脱色、そのおそれはないか。
○ 縮みやヨレ、そのおそれはないか。
○ 中綿・側地の素材はなにか。
○ ノンキルトかどうか(羽毛ふとん)
○ 電気コードが付いているかどうか。

※以上6項目を点検のうえ必要な場合は、お客様に対し連絡と確認を行うよう指導しています。

 

仕上げ時

○ 入荷時になかった破れやほつれはないか。
○ 脱色や移染はないか。
○ 中綿の縮みやヨレはないか。
○ 落とせる汚れは残っていないか。
○ 乾燥が不十分ではないか。
○ 悪臭はしないか。
○ 洗剤ヤケなどはないか。
○ 繊維の硬化はないか。
○ 髪の毛などんぴぶつは混入していないか。

 

このように、全国ふとんクリーニング巨魁では、お客様に安心してふとんクリーニングをご利用いただけるよう、様々な活動を続けています。

 

 

仕上がり品の品質基準

寝具と眠り

羽毛製品の品質と選び方

研修会の様子

入会案内